読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようてグ。

タックルできないやつほど、信頼できない選手はいない。

【ファッションの教科書】作成中のnoteの一部を公開します。

f:id:youteg:20170123214120p:plain

 

 

仮タイトル)

ダサくないコーディネートのし方【メンズファッションの教科書】

 

いま作成途中のnoteを少しだけ公開します。

今回は、コーディネートで重要になってくる1つのポイント色の組み合せについてです。

 

 

コーディネートは3色以内におさえる 

「コーディネートを3色におさえる?」

 

たくさんの色を使いすぎては、相手があなたを見たときなにかチグハグな印象を与えてしまい。

ダサいという印象しか残りません。

 

3色以内におさえることで、コーディネートにおける色のバランスがとれ、整った印象を与えることが可能になります。



コーディネートを3色以内におさえるために、意識する2つのカラー 

いきなり3色におさえろっていわれても正直難しいと思います。

なにからそろえるべきか、ぼくもわかりませんでした。

 

そこで、このかたちに従いコーディネートをしてみてください 。

 

モノトーン+1色

モノトーンとは

「単色」「白黒」などの意味です。

 

黒・白・グレーなど

無彩色の明暗で表現することを言います。

 

まずは 「白」「黒」「グレー」を 中心にコーデしていきましょう。

 

 

慣れてきたら、残りの一色を 加えていくというような形でも全然問題ありません。

 

 

重要な2つのカラー

  1. ベースカラー
  2. 万能カラー

 

1.ベースカラー

白 or 黒がベースカラーにあてはまります。

 

コーデで重要なのは

他のアイテムとの組み合わせとバランスです。

 

白と黒は、色味を持たない特殊な色ですから、

何にでも合わせられるベースカラーと考えられています。

 

なので白と黒のアイテムはからなずもっておくべきですね。

 

白×黒のコーデだけでもおすすめ

シンプルなんですが、おしゃれ。

先ほど紹介したシルエットを意識すれば、たった2色だけでも十分おしゃれになれます。



2.万能カラー

流行にとらわれないとても優秀なカラーです。

 

  1. ネイビー
  2. ベージュ

 

ネイビー・ベージュは、色味があるものの落ち着きのあるカラーとして大人っぽい印象を与えることができます。

 

1.ネイビー

コーデに入れるだけで爽やかにキマるネイビーは年齢問わず大人気のカラー。

洗練された雰囲気があって、オシャレ度をグッと上げてくれます。

 

ホワイトやグレーはもちろん、ブルーなどの寒色系のカラーと相性抜群です。

 

白、黒と同様、

様々なコーデに活躍してくれます。

 

 

2.ベージュ

上品さを演出する上で外せないカラーのベージュ。

大人っぽさ抜群で、落ち着いた雰囲気が魅力的です。

 

こちらも派手過ぎるカラーで

なければ比較的どのカラーとも相性抜群です。

 

アイテムを選ばず、幅広くコーデに使えて便利なカラーです。



アースカラーも、万能カラー

  • 大地の土
  • 木々や草の緑
  • 空と海

 

といった自然をおりなす色をいいます。

 

季節によって表情を変える自然の色の中でも、

 

  • ブラウン
  • カーキ
  • スグリーン
  • オリーブ
  • ネイビーブルー
  • グレージュ

 

深みのあるカラーが一般的です。




色のバランスを考えるときは 

大前提は、【コーデは3色以内】。

 

それを念頭に置きモノトーン+1色コーデ

より簡単にすませたい場合は白×黒コーデ

その次は万能カラーを取り入れることでコーデの幅も広がります。



グレーもおすすめ

グレーも結構使える色です。

 

ワンポイントとして、使って頂くことをおすすめします。

とくに靴下を灰色にすると他のひとと差別化をはかれ、おしゃれ感が増すきがします。