読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようてグ。

タックルできないやつほど、信頼できない選手はいない。

かっこいい髪型なんて存在しない。

f:id:youteg:20170125211633p:plain

 

「良い感じでお願いします。」

 

ぼくはいつも美容室ではこうお願いしていました。

 

先月髪をきりにいったときも、

いつもと同じように「良い感じでお願いします。」といった。

 

そしたら鏡に写る美容師さんが…

顔を引きつっていました。



そもそも良い感じってなに? 

いくら腕の美容師でもあなたの「良い感じ」っていわれても困りますよね。

 

良い感じなんて、人それぞれの「良い」は全く異なってくる。

ただぼくは伝える行為を、放棄していただけなんです。



どう伝え、どう再現してもらうか 

どんな髪型になりたいのか、あなたがわかっていなければ美容師も髪をきることはできない。

 

もちろん、子供の頃からきりなれた美容師や、芸能人のような専属美容師がいればはなしはべつです。

 

あなたに似合っているから、かっこいい髪型になる

ちょっとはなしは変わるんですが、

ファッション雑誌だったり、テレビをみていてかっこいいなって思う髪型ってありますよね。

 

でもそれって、あなたが同じ髪型にしてもかっこいいですか?

 

印象ってまた違ってくると思うんですよね。

 

あの芸能人に似合う髪型があるように、あなたにも似合う髪型があります。

でも、あなたはまだ上手く見つけることができていないだけ。



「良い感じ」ではなにも上手くいかない

どんな髪型が似合うのかわからないと、どう美容師にお願いをしたらいいのかわかりません。

 

ぼくもそうでした、だから「良い感じ」とかよくわからない。

あいてになにを表現をし、相手に全てを押し付けていただけなんです。



美容師にどれだけ上手に使えられるかがポイント 

  • どんな髪型にしたいのか
  • そんな雰囲気にしたいのか

 

を伝えればいいんですが、それが難しい。

自分の髪質や太ささえもわからない自分の髪をどう表現したら良いのか。

 

そうなるとやぱり、なりたい髪型の画像を見せるのが手っ取り早いです。

それか美容室にある雑誌で目星をつけておく。

 

「見せること」によって、美容師もイメージができますし、

なんせ「いい感じ」なんていわずにもすみます。

 

髪質も知っておく

でも、ここでおおきな問題は人それぞれ、髪質がちがうこと。

直毛だったり、天パ。

 

いろいろあると思います。

もしかしたら、あなたの髪質ではなりたい髪型にはなれない可能性もあります。

 

そこは、美容師と相談し決めていけば良いところ。

からなず、良い提案はしてくれるはずです!

 

イメージを伝える大切さ

良い感じではなく、イメージを上手く伝える。

 

美容師にどう上手く伝え、再現してもらうか。

重要なのは美容師の腕ではなく、自分自身の伝え方だったのかも。



これって髪型に限ったことじゃないな。