読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようてグ。

タックルできないやつほど、信頼できない選手はいない。

10年後、プロ野球名球会が消滅する

f:id:youteg:20170210080527j:plain

10年後・・・

 

200勝 or 2000本安打を達成する選手はでてくるのか?

 

各球団、最近は育成に力を入れている。

10年後というのには、ハッキリとした根拠はない、

 

でも、いまは広島カープ日本ハムのように育成が重視視されている。

 

高卒の選手は2軍でしっかり基礎体力能力をつけて、5年後のチームの顔となるよう育成をしていく。

 

考え方は球団ごとにあるとおもいます。

 

でも、このままいったら10年後 プロ野球で200勝 or 2000本安打を達成する選手はいなくなる。

 

華々しいプロ野球にいま、悪影響がおこっている。

 

名球会は一流選手の証

プロ野球で200勝 or 2000本安打プロ野球で1つの一流選手の証です。

プロの選手の中でも、限られたごくわずかな選手しか入会ができない。

 

名球会とは?

公式戦で通算200勝または、2000安打を達成したら名球会に入会できる資格が与えられる。

 

日本プロ野球名球会 入会資格

2014年現在の入会資格は以下の通り

 

NPBの選手または元選手

・昭和生まれ以降

・日米通算(NPBMLBの合算)で以下のいずれかを達成(ただし、NPBでの記録をスタート地点とする)

通算200勝利以上

通算250セーブ以上

通算2000安打以上

 

引用:Wikipedia



高卒の選手は育成が重視

高校を卒業し、すぐにプロ野球の世界に入る。

大学生や社会人の選手に比べ、体が出来上がっていない。

 

だから、どうしても2〜3年後に1軍で活躍してくれるよう2軍で経験をつます。

 

でも、それって本当にどうなんだろう?って疑問を覚えはじめたんです。



将来戦力になる確立は上がるとは思う

さっきも言ったけど、2〜3年、2軍で経験をつました方が高卒の選手は野球選手として成功しやすい土台ができる。

 

でも、全てがこれにはあてはまらないから難しい。

 

試合で成長していくタイプもいる

マーくんなんかはまさに試合にでながら力をつけていった選手。

 

ヤンキース田中将大選手

 

楽天というチームの選手層と元野村監督の育成方法があってこその判断だったともうが。これは田中選手にとって最良の判断だったと思われる。

 

2〜3年、2軍で経験を積ませていたら、こんない早くヤンキースにいけることもなかった。

また、順調にぷろプロ野球での成績を残し、おそらく200勝は達成するでしょう。

 

名球会が全てではないけど

名球会が全てではないけど、やっぱり一流の選手は名球会入りしてる。

 

昨年は、黒田投手、新井選手(広島)、福留選手(阪神)が200勝、2000本安打を達成。

 

この3選手を比較してみてもそうだけど、とにかく長く現役を続けている。

選手生命を長いと、必然と成績もついてくる。

 

そうなると、

  • 高卒でプロ野球の球団にはいり、1年目から活躍する。
  • 2〜3年は、2軍でプロで生活していく体作りと経験をつむ。そして、40歳ちかくまで現役を続ける。

 

このどちらかが、名球会入りへのはいる目安になるかもな〜

どっちにしても、10年後はいまよりもっと名球会入りする選手は減っていく。