高校3年間でもっとも重要なのは、”目標設定”【高校ラグビー】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:youteg:20170221203133j:plain

今回は、高校の入学をひかえた中学ラガーマンに読んでほしい記事になっています。

 

 

高校生にとって一番重要なのは

高校ラグビーでのゴールを設定することです。

 

3年間はあっというまに過ぎてしまいます…

 

でも、ラグビー以外にも勉強、恋愛だってしたい。

自分の人生なんだから、正直ラグビーだけに集中する必要はありません。

 

高校3年間をラグビーだけに没するほうがよっぽど人生のムダ。

どれも全力で向き合う方こそ、成長し、新しい発見があります。

 

高校での目標を設定する

その上で、まずは高校ラグビーでのゴール設定することが重要です。

やみくもに練習に取り組んでも意味がありません。

 

入学してからは練習についていくので精一杯かもしれませんが。

この目標がなければ、辛い練習が辛い練習のままおわってしまいます。

 

なんのための練習かを明確にするためにも、目標の設定をしましょう。

 

2つの目標設定

  1. チームの目標
  2. 個人の目標

 

目標設定には、チームとして、個人としての2つがあります。

 

1.チームの目標

高校時代の全国大会といえば、花園ですね。

ちなみに、ぼくの高校時代の目標は「花園出場」でした。

われながらけっこう、ふつうな目標…

 

3年連続、花園出場ではなく、花園出場。

 

チームの目標に関しては、すでにチーム内で決まっているかもしれません。

さっきもいったけど、チームで目指すべきところを明確にしないと。

どんな練習をすべきかがまったくわかりませんからね。

 

2.個人の目標

個人の目標設定は、非常に重要です。

だって、これは完全にあなた自身で定めることができるから。

 

個人目標を立てる2つの例

個人目標を立てる方法は2つのあります。

 

  1. 目標の選手を決める
  2. 目標の数字をたてる

 

1.目標の選手

選手を目標にした場合は、マネすべきお手本があるから、意外と簡単かも。

トップリーグの選手だったらビデオをみることもできるし、高校の先輩だったら身近にいて学ぶことができる。

 

目標の選手を見つけるのもいいですね。

 

2.目標の数字

数字を目標にする場合、いろいろなケースが考えられます。

 

  • 一試合◯トライはする。
  • 一試合◯回のタックルをする
  • 一試合のタックル成功率を◯%以上

 

など数字を目標にたてることもできます。

しかし、これは、直近すぎる目標になりがちになってしまうことがデメリット。

また、個人の数字にフォーカスしすぎてしまい。

 

チームの勝利と必ずしも、むすびつかないかもしれません。

目標の選手を決め、1試合ごとに個人での目標を立てる。

 

数字での目標はこうなってきますね。

 

高校時代の過ごし方で未来がかわる

高校時代をどうすごすか。

これによって未来が大きく変わってきます。

 

どんな目標でもまずは、立てることが大切です。

高校でのラグビー生活をどのようにすごしていきたいか。

 

少し想像してみて下さい。