読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようてグ。

タックルできないやつほど、信頼できない選手はいない。

しっかりしろ!サンウルブズ。あ、選手じゃなくて運営側ね。

画像の説明文
ようた

ぼくのツイートに反応がありました!

 

画像の説明文
ようた

うえのようなツイートをしたら、こんな返信が・・・

 

Tリーグ企業が協力的でない事が見えた気がします。

 

というような意見があったのでぼくの意見を載せておきます。

ながくなったので、Twitterではなくブログに書きました。

 

トップリーグの企業は協力的です。

これは絶対にそうです。

 

だって、ラグビー選手のまえに社員なので。

企業が雇ってくれなければ、ラグビー出来ない選手もでてきます。

まあ社会人スポーツの難しいところではあると思うんですよね。

プロ選手はまた少し違うとは思いますが。

 

サンウルブズの参加をOKだいているだけでも、ラグビー界にとってはありがたいこと。

なので企業が協力的ではない。ではないです。
一般の社員さんがいる中、なかなかできることではないですよ。

 

改善ももちろん必要

確かにサンウルブズトップリーグの試合の調整などはもっとやっていかないといけないですよね。

体的にも、精神的も選手がつぶれちゃうんじゃないかなって。

選手の体があってこそのですから、いくら強化のためとはいえそこはもっと大事にしてほしい。

 

でも、これはどっちかといえば、ラグビー協会がやるべきこと。

 

改善をどれだけスピード感をもてるか

いきなりうまいこといかないと思うので、どれだけスピーディーに運営側が改善を繰り返していけるかが課題なんじゃないですかね。

 

選手はもう必死になれない場所で試合してるんですから、これ以上余計な負担はかけないでほしい。

プレーに集中してほしいな。

 

繰り返すって言ってしまっては選手に失礼ですけど…

ぼくは勝手にこのように感じています。