読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようてグ。

タックルできないやつほど、信頼できない選手はいない。

【2017新加入】日野自動車レッドドルフィンズが大補強

f:id:youteg:20170403125048p:plain

2017-2018シーズン、ジャパンラグビートップチャレンジリーグに所属する日野自動車レッドドルフィンズがまたしても、大補強しました。

 

近年、佐々木 隆道選手など有力選手を獲得し、ラグビーにかなり力を入れている印象。

どんな選手でも獲得するのではなく、的確な補強をしている日野自動車は今後かなり期待できるチームです。

 

今シーズン、トップリーグへ上がってしまうかも。

 

 

日野自動車レッドドルフィンズ 新加入選手

FW(フォワード)

PR 久富 雄一

ヒサドミユウイチ

183cm・114kg・38才

関東学院大学NTTドコモ

 

またしても経験のある選手が加入。

もうベテランの域に達しているが、プロップは経験がものをいう事が多い。

日野自動車のプロップ陣がもう1段階レベルアップするのには最適な人材。

 

もちろん本人も、自らが出場するきでいるから余計に期待できます。

 

PR 中村 和史

ナカムラカズシ

176cm・125kg・22才

大東文化大学

 

FL 村田 毅

ムラタツヨシ

186cm・105kg・28才

慶應大学→NEC

 

NECに所属していた、日本代表にもサンウルブズ、日本代表にも選ばれるほどの選手。

FWでは、村田選手が加入したことが一番の補強でしょう。

 

経験もあり、まだ若い。

佐々木選手と村田選手のバックローはトップリーグにも負けない危険な3列。

両選手に負けず若手も、どんどん成長できる環境という面でも村田選手の加入は大きすぎる。

 

 

NO.8 リッチ- スケルト

194cm・114kg・22才

シドニールーススターズ

 

BK(バックス)

SH 古川 浩太郎

フルカワコウタロウ

167cm・75kg・22才

専修大学

 

SO 染山 茂範

ソメヤマシゲノリ

171cm・75kg・26才

明治大学中国電力

 

セブンス代表にも呼ばれるほどの選手があらたに加入。

明治大学時代からスタンドオフとして、活躍しており世代ではかなりインパクトのある選手だった。

「なぜ、中国電力?」

 

と思っていた方も多いはず、もう一度トップレベルのカテゴリーで染山選手のプレーを見れることを期待していです。

 

 

SO ヘイデン クリップス

177cm・85kg・25才

ウェリントンカレッジ→東京ガス

 

いまはサンウルブズに所属し、スーパーラグビー参戦中。

やはり東京ガスではなくもっと上のカテゴリーのチームでプレーすべきだとは思て知多が良いチームに加入できたんじゃないかと思う。

このチームでも活躍し、サンウルブズでも日本代表でも活躍できるスタンドオフになってほしい。

染谷選手や東郷選手も加入したのでスタンドオフを変え、いろいろなバリュエーションを組めるかもしれない。

 

SO 東郷 太朗丸

トウゴウタロマ

173cm・87kg・22才

流通経済大学

 

流通経済大学スタンドオフとして下級生から出場しおり、経験は十分。

左足のキックカーということで、スタンド又はセンターとしても面白い存在になりそう。

 

CTB 林 泰基

ハヤシヤスキ

176cm・85kg・31才

立命館大学パナソニック

 

日本選手権もスターティングメンバーとして出場していた林選手。

どういった経緯での入団化は不明だが、林選手の補強はかなり大きい。

 

日本人のセンターの中で群を抜いての強さがあり、ボールをもつと必ずゲインしてくれる。

こういったセンターがいることでチームとしては、アタックの戦術が立てやすく。

試合中劣勢になった場合にも、流れを変えてくれる存在。

 

 

CTB 園木 邦弥

ソノキクニヤ

175cm・95kg・22才

帝京大学

 

WTB 豊島 直哉

トヨシマナオヤ

171cm・85kg・22才

東海大学