【スーパーラグビー2018】チーム数が縮小される「18→15」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:youteg:20170416102956p:plain

引用:日本ラグビー協会公式サイト

 

衝撃的なニュースが、流れましたね。

少し前からそんな噂がありましたが、実際ニュースで流れるとショック。

 

3チームも消滅してしまうなんて・・・

選手やファンはどういった気持ちなんだろうか。

 

 

Yahoo!ニュースの記事

2017年4月10日のニュースで見つけた記事。

記事の抜粋はこちらです。

 

「スーパーラグビー」(SR)を運営する統括団体SANZARは9日、現行の18チームを来季から15チームに縮小すると発表した。

 

具体名は明かされていないが、6チームの南アフリカから2チーム、同じく5チームのオーストラリアから1チームが消滅する。

現在は南アフリカ地区に属するサンウルブズは、オーストラリア地区へ再編される。

参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000055-spnannex-spo

 

サンウルブズは存続

サンウルブズは存続するようなので一安心。

でも、他チームのファン、選手のことをおもうと素直には喜べない。

 

一方、各試合を見ていても明らかにレベルが落ちている。

スーパーラグビーはもっと、異次元の選手があつまり手の届かないリーグだと思っていた。

 

チーム数縮小の理由

SRは16年に15から18チームに拡張され、サンウルブズやアルゼンチンのジャガーズが新規参入。

しかし拡張が試合レベルの低下を招き、興行面でも不振に陥った。

 

プロスポーツのため、各チームに格差が生じるのはある程度は仕方がない。

しかし、サンウルブズジャガーズが参入し、一気に力の差が生まれてしまったのも感じる。

 

この影響で、他の国のチームに影響が出てしまうのは、どうなんだろうか。

スーパーラグビーとは世界最強のリーグという印象がぼくのなかでは強かったが、いまではトップリーグの少し上のリーグとしか思えない。

トップリーグ…日本国内の最高峰リーグ

 

 

スーパーラグビー2017シーズンのチーム

ニュージーランド

チーフス(Chiefs)

クルセイダーズ(Crusaders)

ハリケーンズ(Hurricanes)

ブルーズ(Blues)

ハイランダース(Highlanders)

オーストラリア

ブランビーズ(Brumbies)

ワラタス(Waratahs)

レッズ(Reds)

ウェスタン・フォース(Force)

レベルズ(Rebels)

 

南アフリカ

ストーマーズ(Stormers)

チーターズ(Cheetahs)

ブルズ(Bulls)

ライオンズ(Lions)

シャークス(Sharks)

キングス(Kings)

 

アルゼンチン

ジャガーズ(Jaguares)

 

日本

サンウルブズ(Sunwolves)

 

スーパーラグビー2018 18→15

 

が消滅する。

 

まとめ

プロスポーツのため、試合レベルの維持、興行面ともに考えていないといけない。

そう考えると、いきなりサンウルブズをスーパーラグビーに参入させたのは、「興行面」重視の判断だった。

 

来シーズン、新たなスーパーラグビーに生まれ変わりそうだが、消滅チームの選手やファン。

 

  • 選手の所属先はどうなるのか?
  • ラグビーファン離れが起きてしまうかも?

 

そのしわ寄せがサンウルブズトップリーグにも少なからずあるでしょう。

サンウルブズのチームの本質、「日本代表の強化」にマイナスのならなければいいけど。