【ラグビー日本代表】リポビタンDチャレンジカップ2017第1戦『対ルーマニア代表』に期待すること

f:id:youteg:20170610123820p:plain

引用:https://www.rugby-japan.jp/2017/06/08/japan_23_against_romania/

6月10日土曜日、リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦対ルーマニア戦が行われます。ワールドカップで対戦する可能性のあるチーム。もちろん勝利をおさめておきたいところですが、ノープランのままの勝利より、今度の日本代表のワールドカップまでのプランを垣間みれる試合をしてほしいと個人的には思っています。

 

だから、勝利よりもまずは、どう試合に挑んで、どうこの試合を今後にいかすか?

が重要な一戦だ。

リーチ選手、マフィ選手が合流

前回のワールドカップで大活躍の2選手が、前回大会以降はじめての代表合流。2人がどれだけいまの日本代表にフィットするのか気になります。

2人をのプレーにあわせるのか?2人が代表にあわせるのか?そういったところも見物です。2人はスーパーラグビーでも活躍をしている世界に通用する選手だから。

大学生・野口選手起用

フルバックには大学生の野口選手が先発出場。これはワールドカップを見据えてのこともあるでしょう。ですが、大学生と感じさせない安定したプレーはやはり代表クラス。サントリーの協力バックスリー(中ずる、江見、松島選手)を押しのけての出場です。

堀江選手・山田選手の役割

この2人の名前があると安定した試合をしてくれるのではないだろうかと期待させてくれます。堀江選手はFWを、山田選手はBKを経験を生かしまとめてくれます。やはり2019年にも欠かせない選手です。

個人的、見どころ